社会福祉法人 西海市社会福祉協議会

電話番号:0959-29-4081

メールでのお問い合わせ

大瀬戸中学校の生徒さんと福祉を学びました!

投稿日:2020年06月12日 投稿者:大瀬戸支所

大瀬戸中学校3年生の皆さんを対象に、

3日間に分けて福祉体験学習を行いました。

 

1日目は、大瀬戸中学校卒の大先輩である

西海市社会福祉協議会大瀬戸支所長が講師をして、

社会福祉協議会についての説明や「福祉とは」何かについて学びました。

生徒たちは熱心に話を聞き、

ひとりひとり、幸せについて考え方が違うこと、

相手を尊重し大切にすることを感じてくれました。

(社協だよりすくらむ6月号にも記事を掲載しているのでご覧ください。)

 

P1660645P1660602

 

それぞれ考え方は違うなぁ

 

 

 

 

 

  それぞれの個性を尊重します

 

2日目は、アイマスク・車椅子・高齢者疑似体験を実施。

それぞれの立場を体験することで、相手のことを考え、

思いやりの気持ちを持って生活していくことの大切さを学びました。

地域のみんなが過ごしやすい環境について考えるきっかけになったと思います。

 

~アイマスク体験~        ~車椅子体験~        ~高齢者疑似体験~

IMG_6601P1120173P5280143

 

 

 

 

 

 

 

「階段はこわいなぁ」     「段差をよいしょ!」                    「新聞の字はどう見える?」

 

 

~先生方も体験!~

P1660473

 

 

 

3日目は、視覚障がい者の方の話を聞きました。

国立視覚障害者センターでどのような勉強をしてきたか、や

寮生活での話しを聞いて、助け合うことの大切さ、友達を大事にする姿勢を学びました。

また、色々な障がい者スポーツの種目について、実際の動きを実践しながらわかりやすくルールを説明して頂きました。

講話して頂いた方が身体障害者の全国大会に野球の長崎県代表として出場し、銅メダルを獲得した当時の写真や銅メダルを生徒たち一人ひとりの手に直接触らせてもらい、貴重な体験になりました。

 

「卓球の球には鈴が入っています。」

P1120221P1120232P1120230

 

 

 

 

 

             写真や銅メダルを手に取って

 

大瀬戸中学校の生徒の皆さんの

とても真面目に授業に取り組む姿に、将来の希望が見えました。

福祉について学んでくれてありがとう!

お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

このホームページの作成には、赤い羽根共同募金の助成金の一部が活用されています。